26万円の航空券を買って、ハルビンに飛んで、着いた後に7日間のホテル隔離生活。

7月10日午後解放され家に転送された。

父が右太ももに大きいな腫瘍があり、パンパンの状態で、液体が2、3か所からダラダラと湧いてくる。タンパク質と聞いている。

前列線に問題あるために小便の間隔が短い。

横になって寝る、座って寝る。交代でやっている。

心臓衰弱のために、どの病院のどの先生も腫瘍の摘出手術をしてくれない。麻酔の段階で90%の確率でダメになると言われる。運が良くて手術できたとしても、直接ICUに入って、そこ彼出られないとも言われている。

父が全てわかっている。
このままほっておくと右足を切断するか、敗血症となり死ぬか。

切断できても回復できるか未知数だと。